2011年11月15日

ウクレレ、そしてハゲ

13日、日吉のウクレレライブに出演。我々のサークルは、
『コーヒールンバ』
『恋の季節』
をお送りしました。
私の歌の練習法は、“落語の中にその歌を歌う場面を入れる”というやり方。以前、『花嫁』を歌うことになったため、人前で歌っておこうと「ソング・コップ」を作ったことがありました。でも結局、マジ歌と落語内歌唱の両方を聴いた仲間が、“落語の中で歌ったときの方が伸び伸びとして声出てたよ!”だって…やはり、マジ歌は緊張しますからね。
(実は今回も、事前に人前で歌っておこうと思い、先日のシークレット落語会の三題噺で『恋の季節』を歌うシーンを入れたのですが、キラーズのパートも歌わないといけないし、最初のシーンなので、出だしのちょっとしか歌いませんでした。全部入れるのは、なかなか難しいです)

14日、落語協会の新作落語台本発表落語会。
台本の時点ではそうでもなかった噺が、演者の手にかかったとたん面白くなったり、その逆だったり。
結果は、円丈師匠の演じた「前世」が優勝。これ、イイ感じのハゲ噺になると思います♪
posted by 川柳つくし at 03:59 | 日記
spacer.gif