2011年03月18日

世界開催

地震から1週間。なんとか『世界に一つだけの噺』開催致しました。

羽光君の多重人格の噺に続いて、つくし「少子化対策」&「海外」、トリは三四楼の学生時代の思い出噺。三ちゃんは母校の校歌を思い切り調子を外しまくって歌った挙句(元を知らなくても明らかに外してるとわかる)、“お客さんがやめろって顔してるんで終わりにします”…だって!でも、そんな三ちゃんにもお客さんは温かかったです。皆様、ありがとうございました。

まだ余震も続いていますし、電車もかなり間引かれており、計画停電や食料不足や原発の心配だのいろいろありますが、引き続き、被災地の方は募金で(干上がってるので雀の涙ですが…)、首都圏の方は落語で励ましていければと思います。落語は電気もほとんど使いませんしね。みんなでやれることをやって、乗り越えていきましょう☆
posted by 川柳つくし at 23:35 | 日記
spacer.gif