2010年09月05日

9月になったのに

“ここのところブログ書いてませんが、忙しいんですか?楽しみにしてるんで早く更新して下さい!”

とのメールを、愛読者の方から頂きました。しばらくお休みしておりましてすみませんでした。夏休みの日記をためた子供のように、まとめて書いておきます。

8月14日、『プーク新作落語の会』、「接待ゴルフ」。円丈師匠いわく『平和祈念落語会やりたいね。でも一年待たなきゃダメだね』…そう、なぜか雰囲気的に8月でないと平和を語れないんですよね。もっと普段からどんどんやっていきたいですな。

15日、『川柳のガーコンを聴く会』、「接待ゴルフ」。いつの間にか“8月15は川柳記念日”になってしまいました。めったに仕事のない支障もこの日ばかりは掛け持ち!しかし、つくばエクスプレスへの乗り換えで迷い、エスカレーターを逆走した挙句間に合わなかったそうで…あそこは方向音痴の私でさえ迷わず行けるくらい、表示が親切に出てるんですがね。もうジイサンだから難しいのかな?でもエスカレーターを逆走する元気はあるんですよね…まったく、わけがわかりません。

17日、経堂さばのゆさんにて、『円福&つくし二人会』。
つくし「会社へ行こう」
円福「寿限無」
つくし「アラフォー川柳」円福「目薬」
でした。
これは、7月の『新作の新作』にいらして下さったイラストレーターさんの紹介で出して頂きました。評判が良かったのでまたやることになり、次回は9/12です。

19日、『世界に一つだけの噺』、「健康診断に行こう!」。三四楼君は「豆や」の豆をたまごっちに替えた噺、福ちゃんは東京島を(良い意味で)ひどくしたような噺。面白かったけど、中にはずっと睨んでる人もいたそうで…お気に召さなかった方すみません。でもそのネタの他に用意して来た紙芝居「カリ暮らしのアリエッティ」も下ネタだったそうで、仕方なかったのです…。次回のこの会は、9/29です。

21日、昼、黒門亭「不幸な時代」。
夜、日野のバーにて『落語Bar つくし in Bleu』。
「知らなかったよ」
「皿屋敷」
「接待ゴルフ」
「来世頑張れ」
でした。
この会は、大学のゼミの先輩に紹介して頂きました。なんと、このバーで初の落語会!ママがこの日のために高座と着替え場所を作ってくれたのです。いいお客様で会も大変盛り上がりました。特に「来世」を始めたら“あっ!”と声を上げた方が。私のことは初めて見ると思っていたら、そこでエンタに出た人だと気付いたそうで。もう3年も前にちょっと出ただけなのに…テレビって凄いですね。

23日、なぜかアフリカ料理を食べに行くことに。メニューを開くと、山羊のスープとか、ストーンズのアルバムのタイトルでしか見たことのないような料理が飛び込んで来ました(“頭”ではなかったけど)。OL時代に行ったアフリカ料理店には象がありましたが、今回行った店にはなく、代わりに鰐が。“鰐はちょっと怖いね。人食ってる可能性あるから”などと言いながら完食。ちなみに、アフリカ人の店主も、人を食った感じの方でした。

24日、笑点Jr.公開収録。大喜利&ぴろき先生と『明るく陽気に行きましょう』をセッション&愛楽兄と『既婚者と未婚者のため息』をデュエット。
時間の関係でデュエットはなしの予定でしたが、観覧の皆様に落語会のチラシを配っていたら、“つくしさん、今日も歌うんでしょ?”とか、“うちの子がいつも口ずさんでるのよ”などと、実はデュエットが大好評だったことが判明。それを目の当たりにしたディレクター氏が“これはどこかで歌わせねば”と思っているところへ、たい平兄が事故による電車遅延のため遅れるという連絡が入り、つなぎで急遽歌うことに。それを見ていた玉の輔兄、“なんだよつくし、歌いたいからってたい平の乗った電車に爆弾仕掛けてんじゃねえよ!”

26日、支障の所在確認。髪を切るよう言われ、しばらく切らなくていいように、できるだけハゲに近くしておきました。“前(と言っても前に髪はなく、前から見える横のこと)は俺が切る”と言うのでハサミを渡したら、切り始めていきなり“痛てっ!”…耳を切ってしまっておられました。血を流しながらしょげる支障。“いいじゃないですか、ゴッホみたいでカッコいいですよ!”と慰める私。良いお弟子さんだね。

27日、しながわTV放送『らくごっこ』に出演。ネタ&インタビューに答え、本と落語会の宣伝もして来ました。ネタは短いのをということで「来世頑張れ」をやったら、また収録会場にいた芸人さんが、“あっ、知ってる!エンタ出てましたよね。3回ぐらい見ましたよ”。ありがとうございます(2回しか出てないけど…)。

28日、『つくしのシークレット落語会』。
「シークレットトーク」
「健康診断に行こう!」
「三題噺〜消えた高齢者、新幹線、歌之介師匠」
「不幸な時代」
でした。
うっかり、無限落語と同じ日にやってしまいました。案の定、“迷ったけどこっちに来た”というお客様も…でも満足のご様子で、お褒めのお言葉を残して帰って行かれたので、良うございました!

29日、ウクレレサークル。親父バンド祭というイベントに出演することになり、デモテープ作り。と言ってもカラオケボックスで一発録り、1テイクのみというテキトーさ。去年の出演者のビデオを見たら凄く上手かったので到底無理だと思っていたら、なんとテープ審査通過!いや〜、出してみるもんですね。ただ、私、本番は仕事で出られない可能性が高いのです…メンバーの皆さん頑張って下され。

31日、東洋館、「平林」。

9月1日、NHK新人演芸大賞予選、「不幸な時代」。規定の11分でできる噺なのでこれをやりましたが、最高にコンテストに向かないネタだね。そもそも私自身がコンテストに向かない芸人なんですな。あと円福兄とかも。福ちゃんなんか、なんとコンテストでネタ下ろししてましたからね…。

3日、『つくしの翁庵落語会』。
「平林」
「権助魚」
「不幸な時代」
でした。
先日お知らせしました通り、翁庵さんは、落語会の日だけ、夜も開けるというシステムになりました。わざわざ開けて頂いているので、やはりお蕎麦の売り上げが気になるところです。“落語会に間に合わなくて、お蕎麦だけ食べに来たよ”というのも大歓迎です(実際そういう方もいらっしゃいます)ので、途中からでもぜひお越し下さいませ。次回は10/8です。

それぞれの会にご来場下さいました皆様、ありがとうございました!またよろしくお願い致します☆

P.S.つくしブログ愛読者の三四楼君、日記ためてすみませんでした。これからはちゃんと更新します♪
posted by 川柳つくし at 06:33 | 日記
spacer.gif