2010年03月19日

インタビューのち落語

市馬師匠にインタビューのお仕事。小さん師匠との心温まる思い出話や歌の話など、いろいろと伺いました。

そしてなんと、歌に関しては余芸の域を出ていることが判明!支障が市馬師匠のことを“あいつは俺の牙城を崩した”と言っておりますが、それどころではありません。すでに支障の手の届かないところにいらっしゃいますよ。これからの師匠の活動が楽しみですね♪

夜、『つくしの翁庵落語会』。本日のラインナップは、

「権助魚」
「会社へ行こう」

でした。

ご来場下さいました皆様、ありがとうございました!次回のこの会は4月2日です☆
posted by 川柳つくし at 22:54 | 日記
spacer.gif