2010年02月17日

既婚者愛楽と未婚者つくしと残念な方の柳好

笑点Jr.の収録会場にて、愛楽兄と私のユニット『愛つくし』が「既婚者と未婚者のため息」にて、歌手デビュー!

と言っても、直前まで収録するコーナーの打ち合わせをしてたりしたので(収録のために来てるのだから当たり前なのだ)、あまり緊張したりする余裕(?)もなかった。思えば、落語デビューのときもバタバタしてたっけ(前座でしたから、高座に上がるギリギリまで働いてて、下りてまたすぐ働かなければならなかったのです)。

昇太師匠が“バカとバカのため息”だの、なんだかんだけなしながらも(どうやら自分も歌いたいらしい)、ご自分のカメラで記念撮影をしようとして下さったのですが、なんとカメラがいきなり撮影拒否。“俺はこんな物を撮るために生まれて来たんじゃねえ!”と、いじけて壊れてしまいました。師匠が仕方なくカメラを携帯に持ち替えると、携帯は“まあ、僕にとってカメラは副業だからいいですけど…”と、普通に作動してくれて、なんとか撮影会終了。

まあしかし、歌は前説のような物なので収録なしなのだ。本日私が参加する収録は、先ほど打ち合わせをした『落語家への道』。「野ざらし」の釣りの仕草を、玉の輔兄がアシスタントのセイラちゃんに教えるのを、私が見守るってなコーナー(あ、セイラちゃんが本当に落語家になるわけじゃありません、念のため)。

昨日、愛楽兄と歌の練習をしてから国立演芸場ビデオ室に行って「野ざらし」を観て来たのですが、実際にやるのは時間の関係もあり、純粋に釣りの仕草のみ。もったいないですな…。もう少し時間があれば、それぞれの妄想を繰り広げた方が断然面白くなるんですがね。

ちなみに、玉の輔兄は「野ざらし」を柳好兄に教わったとか。さすが、「野ざらし」と言えば柳好!と思いきや、名人柳好師匠は「野ざらし」の柳好、今の柳好兄は“野放し”の柳好だそうです☆
posted by 川柳つくし at 00:15 | 日記
spacer.gif